メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道新幹線

「夢かなった」一番列車の運転士と車掌

北海道新幹線のH5系車両の前で敬礼する函館新幹線運輸所の(左から)伊藤章伸所長、沢川一之運転士、里見拓真車掌=北海道七飯町の函館新幹線総合車両所で2016年3月1日、遠藤修平撮影

 26日に開業する北海道新幹線で、新函館北斗発東京行き上り一番列車に乗務するJR北海道の運転士、沢川一之さん(36)と車掌の里見拓真さん(33)が1日、北海道七飯町の函館新幹線総合車両所で取材に応じた。

 2人が乗務を言い渡されたのは3日前だったという。沢川さんは「当日は訓練通りに無事運転するのが第一」と緊張気味。道内の走行は雪の影響を受けやすいことから、「定時運行できるよう心がけたい」と述べた。

 里見さんは入社試験で書いた「10年後の私」と題した作文で「新幹線の一番列車の車掌になる」と宣言して…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです