メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道新幹線

「夢かなった」一番列車の運転士と車掌

北海道新幹線のH5系車両の前で敬礼する函館新幹線運輸所の(左から)伊藤章伸所長、沢川一之運転士、里見拓真車掌=北海道七飯町の函館新幹線総合車両所で2016年3月1日、遠藤修平撮影

 26日に開業する北海道新幹線で、新函館北斗発東京行き上り一番列車に乗務するJR北海道の運転士、沢川一之さん(36)と車掌の里見拓真さん(33)が1日、北海道七飯町の函館新幹線総合車両所で取材に応じた。

 2人が乗務を言い渡されたのは3日前だったという。沢川さんは「当日は訓練通りに無事運転するのが第一」と緊張気味。道内の走行は雪の影響を受けやすいことから、「定時運行できるよう心がけたい」と述べた。

 里見さんは入社試験で書いた「10年後の私」と題した作文で「新幹線の一番列車の車掌になる」と宣言して…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです