メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリコレ便り

(2)バックステージパスでリハーサル取材

ショー会場間を走るバス。ミントグリーンの車体が目印だ=パリ市内で2016年3月1日、野村房代撮影

 3月1日、パリコレ初日。前回に続いて取材の仕組みについて紹介します。

 9日間のパリコレ期間中、ショーは毎日午前9時半〜午後9時の間に10程度開催されます。ショー会場は市内に点在しており、移動には会場間をつなぐ無料バス=写真1=か、地下鉄やタクシーを利用します。無料バスは、ショーを連続して見る場合には使えますが、飛ばして見る場合には自力での移動が必要となります。

 パリコレを運営するパリ高級服飾組合(通称・サンディカ)に事前に記者登録をしておくと、16区の美術館「パレドトーキョー」内にあるプレスセンター=写真2=が使えます。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです