メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

花粉症引き金に食物アレルギー 天然ゴムもきっかけに

 食物アレルギーは、そのメカニズムからクラス1とクラス2に大別される(抗体検査の結果を示すクラスとは別)。

 クラス1は、原因物質(アレルゲン)を含む食物を摂取した後、体内に抗体ができ、再び同じ物を食べると抗体が反応することで発症する。症状はじんましんや下痢、嘔吐(おうと)などで、アレルゲンが消化管から吸収される時に症状が出る。主な食物は卵、牛乳、小麦、ピーナツ、カニ、エビなど。クラス1のアレルゲンは熱に強いという特徴がある。

 一方、「花粉・食物アレルギー症候群」はクラス2に属する。クラス2のアレルギーは、アレルゲンが粘膜や気道から入って抗体ができ、その後、そのアレルゲンと似たアレルゲンを持つ食物を取ることで、アレルギーが引き起こされる。果物や野菜が中心で、大豆などの豆類や穀類、クルミなどでも発症する。こちらのアレルゲンは、熱や加工に弱い傾向がある。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福島第1原発 2、3号機の格納容器上部で約2~4京ベクレル 原子力規制委調査

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです