メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物愛護推進協

県が来月中に設置 致死処分減目指す /山形

 県は、動物愛護と致死処分数の減少を推進する「動物愛護推進協議会」(仮称)を4月中に設置する。2016年度一般会計当初予算案に設置経費として21万円を計上した。動物愛護団体や県獣医師会、有識者ら10人で構成する予定。一方で、動物愛護に熱意を持つ県民約30人を「動物愛護推進員」に委嘱し、地域の中心として動物愛護などの普及・啓発を進める。

 県によると、2月28日現在の今年度の動物の致死処分数はイヌが31匹、ネコが1205匹。「県動物愛護管理推進計画」(14〜23年度の10年間)では、23年度に12年度の致死処分数(イヌ93匹、ネコ2235匹)の半数以下を目指す設定。このままの推移だと、イヌは今年度中に、ネコも大幅に前倒しで達成する見込みという。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  4. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

  5. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです