メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

閉校式

最後の卒業生は1人 花束で別れ 片品・武尊根小、半世紀の歴史に幕 /群馬

在校生から花束を受け取った最後の卒業生の佐々木伶恩君=片品村摺渕で

 統廃合で廃校となる片品村摺渕の村立武尊根(ほたかね)小学校(児童数11人)で2日、閉校式が開かれた。最後の卒業生は佐々木伶恩(れおん)君1人。閉校式は「6年生を送る会」として開催され、在校生から「一緒に通学してもらったお礼に」と花束が贈られた。全校児童と教職員、地域住民ら約70人が出席した。

 武尊根小は1965(昭和40)年創立。…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです