メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

東北の今味わう 阿倍野・物産展に若い視点 「高校生百貨店」も /大阪

来店者に商品を説明する渡辺愛さん(中央)=大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店で、大沢瑞季撮影

 物産展「東北六県今物語」が2日、大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店で始まった。津波被害からの再建を果たした水産業者や菓子店などが出店。宮城県石巻市の高校生らが地元の名産品を販売するブース「高校生百貨店」もある。

 高校生百貨店は、被災で生産が落ち込む地元の商品を若い視点で見直し、復興につなげようというプロジェクトの一環で、石巻市内の5校が参加。商…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです