メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
れとろ探訪

越中井 /大阪

化粧直しされた越中井の史跡。大阪再開発で史跡が埋もれてしまうのを惜しみ、市公園部が周囲を整地し公園にした=1965年11月13日撮影

 豊臣家が大阪を支配していた頃、大阪城の南方には広大な三の丸が広がり、大名屋敷が建ち並んでいた。大阪市中央区森ノ宮中央に残る「越中井(えっちゅうい)」は、ある大名屋敷の台所にあった井戸だと伝わっている。

 屋敷の主人は細川忠興(ただおき)で、官位の「越中守(えっちゅうのかみ)」から井戸の通称が付けられた。関ケ原の戦いの際、正室のガラシャ夫人が敵方の人質になるのを拒み、この屋敷で自害したとも、…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  2. けものフレンズ 新フェネック役に新人声優・美坂朱音 初インタビュー 初の収録で涙も

  3. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  5. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです