メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 「クラシック・ヨコハマ 生きる〜2016若い命を支えるコンサート」

演奏後、小児がんを克服した人たちとともに舞台に並んだ光岡暁恵さん(前列右から2人目)、田中祐子さん(同4人目)、尼子裕貴さん(同5人目)、西村悟さん(左から3人目)、別所哲也さん(2列目左端)

美しく、強く、歌のエール

 小児がんの子供たちや、克服した経験者らを応援する「クラシック・ヨコハマ 生きる〜2016若い命を支えるコンサート」が1月30日、横浜市西区の横浜みなとみらいホールで開かれた。キャンペーンの趣旨に賛同した気鋭の歌手、光岡暁恵さんと西村悟さんらが病気との闘いにエールを送り、約1700人が美しい歌声に酔いしれた。【林田七恵、三枝泰一、写真・内藤絵美】

 冬の港町を彩る音楽祭「クラシック・ヨコハマ」の9回目の公演。小児がんの子供と家族ら約40人が招待され、会場では毎日新聞東京社会事業団の募金への協力の呼び掛けに、63万9293円が集まった。

この記事は有料記事です。

残り1864文字(全文2145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 大阪で1日最多19人死亡 新たに501人が感染 新型コロナ

  3. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 梅三小路22日閉館 「笑顔でお別れしなきゃ、ダメなのよ」 梅田の移動ルート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです