メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長距離トラック

「16時間」の基準超え4割 運転手拘束

長距離(500キロ超)運行での運転手の拘束時間

 国交省が昨年9月、全国の運送事業者1252社と運転手5029人に1週間分の運行実態を記入してもらいまとめた。

 500キロ以下の中短距離運行では拘束時間が13〜16時間だったのは23%、16時間超は5%にとどまったが、500キロ超の長距離ではそれぞれ37%、43%に増えた。特に大型トラックで基準を上回った率が高かった。平均拘束時間は中短距離では11時間24分、長距離では16時間43分だった。

 運行と運行の間の休息時間が8時間未満しかないケースも全体で16%あり、特に大型トラックは20%と高…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです