フランス

初の駅弁売店オープン パリ・リヨン駅

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リヨン駅構内にできた売店で駅弁を購入するフランス人客ら=パリ市内で2016年3月1日、野村房代撮影
リヨン駅構内にできた売店で駅弁を購入するフランス人客ら=パリ市内で2016年3月1日、野村房代撮影

 【パリ野村房代】パリにあるフランス国鉄のリヨン駅構内に1日、同国内で初の駅弁売店がオープンした。JR東日本の駅弁販売を請け負う日本レストランエンタプライズ(NRE)が開業した。4月30日までの2カ月間、幕の内弁当や助六ずしなど5種類を販売する。箸も提供する。価格は8〜15ユーロ(約980〜1850円)。

 フランスでは健康面と節約の観点から日本式の弁当が「BENTO」として人気だ。売店は昨年12月に開業予定だったが、同11月のパリ同時多発テロで延期になっていた。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文590文字)

あわせて読みたい

注目の特集