メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中塩美悠の青いバラ

波瀾万丈のシーズンが終了

「スケートヒロシマ」で演技する中塩美悠選手=広島市東区の広島ビッグウェーブで2016年2月28日、山田尚弘撮影

 振り返ってみると、このシーズンは、実に波瀾(はらん)万丈なシーズンでした。大学生になり、新たな試みとしてアメリカへ長期間遠征に行ったり、初めてのグランプリシリーズに出場したり、全日本をけがで棄権したりと、何から何まで今までにない新しいことの連続でした。

 良かったこともたくさんありましたが、予期せぬハプニングに見舞われたり、思うようにいかないもどかしさを感じたりで、情緒不安定な時期が続き、我ながら今シーズンの私は今まで以上に扱いにくい人間に仕上がっていたように思います。

 そんな中でもコーチの秦安曇(はた・あずみ)先生は、私を導いてくださいました。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです