メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリコレ便り

(3)クレージュ「より良い未来」への進化

 パリコレ2日目は、クレージュのショーからスタート。クレージュといえば今年1月、創業者のアンドレ・クレージュがパーキンソン病のため92歳で亡くなったことがニュースになりました。

 ショー会場は、バスチーユ広場にある半円形の劇場。入場の際には金属探知機を通り、バッグの中身もチェックされました=写真1。昨年11月の同時多発テロを受け、前回よりも警備は厳しくなった印象ですが、バッグはちらっと見るだけなので、形式的なものという気もします。

 ショーではモデルたちが歩くのと同時に、スクリーンにも拡大した洋服が映し出されました=動画。時折聞こえるヤジのような声は、カメラマンたちのモデルに対するブーイング。モデルの歩くスピードが速すぎたり、ポーズを取らずに通り過ぎたりすると、うまく撮影できないためです。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです