メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT成人式

「ありのまま」の姿で祝福 中国地方で初、参加者の年齢や性不問 あす倉吉 /鳥取

イベントをPRする井元さん(中央)ら「虹色らくだ」のメンバーら=鳥取市で、李英浩撮影

 LGBT(性的少数者)の認知度向上などを目指す鳥取大のサークル「虹色らくだ」が5日午後3時から倉吉市内で「鳥取LGBT成人式」を開く。LGBT成人式は東京のNPO法人「ReBit」が2012年に始め、今年は計11都道府県で開催されるが、中国地方では鳥取が初となる。参加者の年齢や性は不問で、同サークルは「好きな格好で来て、ありのままの自分を誇ってほしい」とPRしている。【李英浩】

 LGBTはレズビアン(L=女性の同性愛者)▽ゲイ(G=男性の同性愛者)▽バイセクシュアル(B=両性愛者)▽トランスジェンダー(T=生まれた時の体と心の性が一致しない人)−−の頭文字を取った性的少数者の総称。他にも多くの性自認(自覚する性)があり、「LGBT+(プラス)」とも呼ばれる。国内では13人に1人がLGBTとされるが、サークル代表の井元あるさん(20)は「LGBTという言葉を知らない人も多…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 雪不足で島根県のスキー場が破産へ 今季一度も営業できず 社長無念「今さら降られても」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです