メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
絵本

ガーナを身近に感じて 今治出身、原さんら都内学生4人が制作 寄贈先募る 支援NGO事業の一環 /愛媛

絵本を手に「ボナイリ村の暮らしを身近に感じてほしい」と話す原ひかりさん。表紙はガーナの木綿で作った=愛媛県今治市で

 今治市出身で首都大学東京3年の原ひかりさん(21)ら都内の学生4人が、西アフリカ・ガーナの村の少女を描いた絵本「ルカヤ」を約100部作った。姉ゆかりさん(29)が共同代表を務めるガーナの非政府組織「MY DREAM」(マイ・ドリーム)のプロジェクトの一環。「子供たちにガーナを身近に感じてもらいたい」との願いが込められており、日本の幼稚園や学校、図書館などの寄贈先を募っている。【松倉展人】

 絵本は40ページあり、舞台はガーナ北部にある人口約2000人のボナイリ村。主人公のルカヤは5歳の少女だが、家族のために水くみなどで懸命に働く。「大きくなったら絵描きになり、世界中を旅したい。村のみんなにたくさん絵を描いてあげる」との夢を心に咲かせる。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです