メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水と緑の地球環境

電力小売り、4月から全面自由化 地域発電普及、担い手連携

「送配電網は電気の池」と説明する竹村英明さん。送配電網は常に電気が満タンに維持される=東京都新宿区で 

 4月からの「電力小売りの全面自由化」を前に、市民や地域主導のエネルギー事業の動向が注目されている。住民らが話し合いを重ね、太陽光など再生可能エネルギー由来の電力を地域でつくることは災害時にも役に立つ。東日本大震災を機に各地で生まれた市民発電所の担い手たちが手を結び、自然エネルギーの普及活動を進めている。【明珍美紀】

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1861文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 拳銃所持容疑で映画監督逮捕 代表作に小泉今日子さん主演「空中庭園」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです