メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水と緑の地球環境

昔ながらのまき、炭で避難所のエコを提案 高知・幡多自然エネ研究会

山下正寿さん

 高知県西部の幡多地域で活動する「幡多自然エネルギー研究会」が「避難所のエコ対策」を提案している。

 災害時や非常時に役立つ自然エネルギーとして、避難所となる公共施設に地元の木材を活用するまきストーブやドラム缶風呂をはじめ、炭を使う七輪など昔ながらの道具の活用を勧めている。また、まきストーブの熱を利用して発電する熱電発電機や独立型太陽光発電機などを備…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです