メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

環境に優しいリサイクル燃料、バイオディーゼル 岡山市、利用を加速 「食用油回収、協力を」啓発DVDで呼びかけへ

 家庭や飲食店などで出る使用済みの植物系食用油を再利用して作るバイオディーゼル燃料(BDF)の活用に、岡山市が力を入れている。地球温暖化の一因とされる二酸化炭素(CO2)の発生を抑制する効果があるなど利点は多いとされるが、その利用は伸び悩んでいる。市は、広報用のDVDを現在製作中で、まずは市民にBDFを広く知ってもらい、環境に優しい都市の実現につなげたい考えだ。【瀬谷健介】

 植物系食用油は原料となる菜種などが成長の過程で大気中のCO2を吸収することから、使用済みの油で作るBDFも軽油と異なってCO2削減につながるとされる。紙で吸着させたり、凝固させたりする場合に出るごみも、油をそのまま回収することで削減が可能。BDFは軽油を燃料とするディーゼル車に利用でき、燃費や走行性は軽油と大差ないという。

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです