メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出雲大社

旧社務所取り壊しか 文化価値指摘、保存要望

菊竹清訓氏が設計した出雲大社境内の「庁の舎」=ドコモモ日本支部提供

 戦後日本を代表する建築家の一人、菊竹清訓(きよのり)氏(1928〜2011年)が設計し、築53年たつ出雲大社(島根県出雲市)境内の旧社務所「庁の舎(や)」の取り壊しを出雲大社が検討している。老朽化が理由だが、文化遺産としての価値を指摘する専門家もいる。日本建築学会など4団体は近く保存を求める要望書を出雲大社に提出する。

 宝物殿も兼ね、1963年に完成した庁の舎は鉄筋コンクリート造りの平屋(一部中2階)。出雲地方の稲掛…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです