メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ANA

国際定期便就航30年 CAが振り返る

ANAの国際線とともに客室乗務員として歩んできた河合淳子さん=東京都大田区の羽田空港で2016年3月2日、米田堅持撮影

 全日本空輸(ANA)は3日、国際線の定期便就航30年を迎えた。就航当時から客室乗務員(CA)としてフライトしている河合淳子さんに、ANA国際線の歩みを語ってもらった。【米田堅持】

 河合さんは1983年11月、ボーイング767機導入に合わせて行われたCA募集に応募して採用された。米ワシントン州に2年半留学して英語が堪能だった河合さんはのちに、3年目の若手ながら国際線CAとして乗務することになる。「1次試験合格の電報が届いた時、CAになったら米国へ行けると思ったら国内線ばかりの会社。でも、国際線参入で米国へ行けるようになり、これで世界へ羽ばたくことができると思った」という。

 ANAは86年3月3日に成田−グアム線で国際定期便に参入し、7月には成田−ロサンゼルス線、成田−ワシントン線も開設した。河合さんが今でも印象に残っているフライトは、成田からワシントンへ飛んだ初便だという。

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです