シリア

「停戦違反」で非難合戦 各地で地上戦や空爆

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ秋山信一】内戦が続くシリアで、アサド政権と反体制派が一時停戦に入ってから5日で1週間を迎える。各地で地上戦や空爆が続き、双方が「停戦違反」を非難し合っている。国連は9日にも中断している和平協議を再開させたい意向だが、反体制派は「停戦違反」が検証されないことにいら立ちを募らせている。

 米国とロシアが主導した一時停戦は2月27日午前0時に発効し、3日で6日目に入った。戦闘が沈静化した地域もあるが、北部の反体制派支配地域を中心に地上戦や空爆が報告されている。

 「空爆の頻度が少なくなったこと以外に大きな変化はない。政権側もクルド人も戦い続けている」。北部アレッポ県の反体制活動家、ムハンマド・ハラビさん(20)は2日、毎日新聞の電話取材にそう証言した。政権側は主にレバノンやイラクのイスラム教シーア派民兵が反体制派への砲撃を続けているという。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文839文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集