サケ

水ぬるむ 放流目前、稚魚ワクワク 福岡・嘉麻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水槽を泳ぎ回るサケの稚魚=福岡県嘉麻市で2016年3月1日、津村豊和撮影
水槽を泳ぎ回るサケの稚魚=福岡県嘉麻市で2016年3月1日、津村豊和撮影

 春の稚魚放流が目前に迫った。遠賀川上流にある福岡県嘉麻市のふ化場ではサケの稚魚が5センチほどに成長し、7日から始まる放流を待っている。

 地元有志で作る「遠賀川源流サケの会」が「清らかな流れを取り戻す象徴に」と放流を続けている。昨年12月に卵4万個を水槽に入れ、今年は2万匹程度がふ化した。

 放流された稚魚は遠賀川がそそぐ玄界灘か…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文249文字)

あわせて読みたい

注目の特集