メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サケ

水ぬるむ 放流目前、稚魚ワクワク 福岡・嘉麻

水槽を泳ぎ回るサケの稚魚=福岡県嘉麻市で2016年3月1日、津村豊和撮影

 春の稚魚放流が目前に迫った。遠賀川上流にある福岡県嘉麻市のふ化場ではサケの稚魚が5センチほどに成長し、7日から始まる放流を待っている。

 地元有志で作る「遠賀川源流サケの会」が「清らかな流れを取り戻す象徴に」と放流を続けている。昨年12月に卵4万個を水槽に入れ、今年は2万匹程度がふ化した。

 放流された稚魚は遠賀川がそそぐ玄界灘か…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです