びわ湖毎日

日本の実業団で飛躍 モンゴル出身バトオチル

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
びわ湖毎日マラソンに向け練習するバトオチル=三重県桑名市で2016年2月19日午後3時34分、細谷拓海撮影
びわ湖毎日マラソンに向け練習するバトオチル=三重県桑名市で2016年2月19日午後3時34分、細谷拓海撮影

 リオデジャネイロ五輪を目指す日本人ランナーにとって最後の代表選考会となるびわ湖毎日マラソン(毎日新聞社など主催)には、リオにかける海外勢も出場する。このうち、既に4大会連続の五輪出場を決めているモンゴル出身のセルオド・バトオチル(34)=NTN=は、日本の実業団で力を伸ばした選手。マラソン50戦以上の経験を誇るベテランは、「調子は98%。びわ湖ではいいタイムが欲しい」と五輪への弾みとなる優勝を狙う。

 2002年の初マラソン後、すぐにモンゴルを代表する選手となり、世界選手権は03年パリ大会から、五輪は04年アテネ大会から連続出場中。ただ、国内でマラソンは盛んとは言えず、練習環境や指導者にも恵まれなかったため、世界の舞台では大きな成果を残せていなかった。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文757文字)

あわせて読みたい

注目の特集