メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

玉川奈々福さん 浪曲PRの先頭に 5日に東京でイベント

玉川奈々福さん

 浪曲に今、風が吹いている。やりたいこと、考えていることはたくさんある。でも、体は一つしかない……。入門20年を過ぎた浪曲師の玉川奈々福さんは、今、多忙な日々を過ごしている。5日には能などの伝統芸能とのコラボレーションによる「海神別荘(かいじんべっそう)」(泉鏡花原作)に出演する。浪曲に何ができるのか。挑戦の日々は続く。

 昨年暮れ、先輩の国本武春さんが55歳の若さで急逝。奈々福さんの師匠、玉川福太郎さんも2007年に事故で亡くなった(61歳)。浪曲の面白さを現代の人に伝えようと奔走してきた2人はもういない。

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  5. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです