メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

昔の葬儀にはもう戻らない?=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 日本葬送文化学会の2月例会が東京都内であって、冠婚葬祭業「メモリアグループ」(岐阜県大垣市)の松岡泰正代表が講演した。2000年に創業したまだ若い会社。「ありがとうのお葬儀」をキャッチフレーズに業績を伸ばしているらしいが、この「業界」の実態に関する話は興味深かった。

 いま全国で業者が執り行う葬儀は(1)一般葬(2)家族葬(3)直葬(4)ゼロ葬−−の4種類。16年前、同じ岐阜県内の人口2万4000人の小さな町で会社を始めたときは、葬斎場での(1)が当たり前だった。ところが、1990年代後半から出始めた、こぢんまりとした(2)家族葬が、急速に増えているという。

 ごくわずかな遺族だけが集まる(3)直葬のことを、松岡代表が初めて聞いたのは4年ほど前。「火葬事情がよくなくて葬儀まで時間がかかる東京ならではの話」だと感じていたが、しだいにニーズは増えていった。一昨年春、遺族も集まらずにそのまま合葬墓に入れられる(4)のことを聞いて「ウソだろ!」と思っていたが、半年後にはその地域でも「葬儀なしで」の要望が出始めたという。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです