メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「身じまい」のおと

昔の葬儀にはもう戻らない?=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 日本葬送文化学会の2月例会が東京都内であって、冠婚葬祭業「メモリアグループ」(岐阜県大垣市)の松岡泰正代表が講演した。2000年に創業したまだ若い会社。「ありがとうのお葬儀」をキャッチフレーズに業績を伸ばしているらしいが、この「業界」の実態に関する話は興味深かった。

 いま全国で業者が執り行う葬儀は(1)一般葬(2)家族葬(3)直葬(4)ゼロ葬−−の4種類。16年前、同じ岐阜県内の人口2万4000人の小さな町で会社を始めたときは、葬斎場での(1)が当たり前だった。ところが、1990年代後半から出始めた、こぢんまりとした(2)家族葬が、急速に増えているという。

 ごくわずかな遺族だけが集まる(3)直葬のことを、松岡代表が初めて聞いたのは4年ほど前。「火葬事情が…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1156文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです