メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳富蘇峰記念館

吉田茂批判の手紙展示 大磯の名士との書簡紹介 二宮 /神奈川

開催中の「大磯を愛した日本の名士」展

 徳富蘇峰記念館(二宮町二宮)で、蘇峰から吉田茂元首相に宛てた手紙の控えをはじめ、隣接する大磯町に居住した政治家や経済人、文化人との書簡などを集めた「大磯を愛した日本の名士」展が開かれている。2009年に全焼した旧吉田茂邸が来春、再建オープンするのを前に企画された。吉田元首相を批判した手紙とほぼ同じ内容が数日後、蘇峰の署名記事として毎日新聞に掲載されるなど、戦後政治の側面もうかがえる展示内容になっている。【渡辺明博】

 徳富蘇峰(1863〜1957年)は明治から昭和時代に活躍したジャーナリスト、評論家。同記念館は69年、蘇峰の遺品を託された秘書が自宅内に開設した。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

  5. 注目裁判・話題の会見 一人娘残した女性は「さみしそうだった」 座間9人殺害 10月26、27日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです