メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりの障害

難聴になって 反響特集 周囲に伝える方法模索

「聞こえないことを知ってもらいたくて」。横浜市内に住む女性(76)は、難聴であることを知ってもらうために手作りで複数のカードを用意し、身につけている=横浜市内で、吉永磨美撮影

 外見からはわかりにくいが、身近にある障害を取り上げる連載「となりの障害」の「難聴編」(1月27〜29日、全3回)には、多くの共感の声や難聴による体験談が寄せられました。

 難聴を抱え、東京都内でフリーのマスコミ関連の仕事をする大野雅子さん(50)=仮名=は、連載に登場した難聴者の悩みに共感するとともに体験談を寄せた1人だ。

 大野さんは38歳の時に難聴に気づいた。「原因不明で治らない」との診断。聞こえた単語をつないで、会話…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです