メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古和解 警戒解かぬ沖縄 「油断できない」「話し合う好機」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡る代執行訴訟などの和解が4日、成立した。政府が突然、和解受け入れに動いたことに沖縄では驚きの声がある一方で、20年にわたり移設問題で揺れ続けた住民らからは「また政府にだまされるのではないか」と疑念や警戒の声が上がる。政府は移設先を辺野古とする姿勢は変えておらず、反対派は「抗議を続ける」と対決姿勢を崩していない。【前谷宏、川上珠実、比嘉洋】

 移設工事を阻止するため、反対派が2014年夏から座り込みを続ける米軍キャンプ・シュワブ(名護市辺野古)のゲート前。和解による工事中断の一報が入ると、移設反対派の市民らは驚きを隠せず、一斉に歓声を上げた。しかし連日抗議活動に参加する名護市議の大城敬人(よしたみ)さん(75)は政府の和解案受け入れに「夏の参院選を前にしたパフォーマンスではないか。全く油断できない」と語気を強めた。

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです