メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市営バス

運転手、意識もうろうで接触事故

 4日午後9時半ごろ、大阪市住吉区万代東3の府道で、あべの橋発遠里小野(おりおの)橋行きの大阪市営バスが道路脇の電柱などに接触した。男性運転手(47)が運転中に意識がもうろうとなり、病院に救急搬送された。乗客10人にけがはなかった。

 大阪府警住吉署などによると、現場は片側2車線の直線道路。歩道側の車線を直進していた際、バス左前部が電柱に接触し、約15メートル先にあった柵にぶつかって停車した。運転手は「意識がもうろうとした」と話しているといい、同署が事故原因を調べている。

 市交通局によると、バスに搭載されているドライブレコーダーに、運転手の映像が記録されていた。現場近くの交差点で信号待ちのため停車し、信号が青に変わると発車。直後に運転手は前のめりになり、ハンドルにもたれかかった。バスは時速10キロ程度で約60メートル前進して衝突。運転手はぐったりしたまま動かなかった。乗客が運転手に声を掛けたが、反応がなかったため、救急車を呼び、バスの床で休ませた。運転手は、病院へ…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  2. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  3. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです