辺野古和解

住民ら「また政府にだまされるのでは」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡る代執行訴訟などの和解が4日、成立した。政府が突然、和解受け入れに動いたことに沖縄では驚きの声がある一方で、20年にわたり移設問題で揺れ続けた住民らからは「また政府にだまされるのではないか」と疑念や警戒の声が上がる。政府は移設先を辺野古とする姿勢は変えておらず、反対派は「抗議を続ける」と対決姿勢を崩していない。

 移設工事を阻止するため、反対派が2014年夏から座り込みを続ける米軍キャンプ・シュワブ(名護市辺野古)のゲート前。和解による工事中止の一報が入ると、移設反対派の市民らは驚きを隠せず、一斉に歓声を上げた。しかし連日抗議活動に参加する名護市議の大城敬人(よしたみ)さん(75)は政府の和解案受け入れに「夏の参院選を前にしたパフォーマンスではないか。全く油断できない」と語気を強めた。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1215文字)

あわせて読みたい

ニュース特集