シロハヤブサ

シンボルマーク見に来たのかな 北海道 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道新幹線のシンボルマークになったシロハヤブサ。北海道森町砂崎灯台付近で撮影に成功した=岩田真知さん提供
北海道新幹線のシンボルマークになったシロハヤブサ。北海道森町砂崎灯台付近で撮影に成功した=岩田真知さん提供

 北海道森町の写真家、岩田真知さん(64)が2月4日、同町砂崎灯台付近で希少な「シロハヤブサ」の撮影に成功した。成鳥(全長約60センチ)より一回り小さく、若鳥とみられる。

 夏は北極圏に生息・繁殖し、冬にごく少数が道内などに飛来する。同灯台付近は道内唯一の定期飛来地として知られているが、十数年にわたっ…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文256文字)

あわせて読みたい

注目の特集