やきそば

妹は「ヤ」を「ヨ」に変えて、注文殺到「5倍」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新発売される「ペヨング」。本家ペヤング(右)と似たデザイン=尾崎修二撮影
新発売される「ペヨング」。本家ペヤング(右)と似たデザイン=尾崎修二撮影

まるか食品 ペヤング自主回収騒ぎが逆に宣伝効果を生む?

 「ペヤング ソースやきそば」そっくりの「ペヨング ソースやきそば」が今月、全国で販売される見通しとなった。麺の量を減らした廉価版。製造する「まるか食品」(群馬県伊勢崎市)の丸橋嘉一社長は毎日新聞の取材に「メーカー希望小売価格を設定しないオープン価格で、小売店の特売ニーズに応えたい」と狙いを語った。

 麺の中から虫が見つかり、ペヤングの全面回収に踏み切ったのは2014年12月。製造設備を更新し、衛生対策を徹底して半年後に販売を再開したところ、待ちわびていた「ペヤンガー」をはじめとする消費者の信頼回復に成功した。現在、伊勢崎市の本社工場は24時間フル稼働状態。自主回収騒ぎが逆に宣伝効果を生んだとみられる。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文605文字)

あわせて読みたい

ニュース特集