メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリコレ便り

(4)細部に「日本」宿る服

ルイ・ヴィトンのデザイナー、ニコラ・ジェスキエールなどLVMHプライズ審査員のリスト=パリ8区のルイ・ヴィトン本店内で2016年3月4日、野村房代撮影

 パリコレのスケジュールは、初日は若手や新進ブランドのショーが中心で、日を追うごとにビッグブランドのショーが増えてきます。プロローグからクライマックス、そしてエピローグへ−−まるで一つの物語のような構成です。

 そんなわけで、3日目ごろからだんだん体力的にしんどくなってきます。見るべきショーが多くなるのに加え、各ブランドがショーの翌日以降に行う展示会にも足を運ぶ必要があるからです。ショーはコレクション全体のコンセプトやデザイナーの世界観を表現するために行われ、細かい部分までは見ることができません。展示会では、生地の材質や色柄といったディテールを実際に手にとって確認し、そこに込められたデザイナーの意図などをうかがい知ることができます。

 3日目は、七つのショーと二つの展示会、そしてある賞の審査会場に行ってきました。ショーと展示会につい…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1362文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです