メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリコレ便り

(4)細部に「日本」宿る服

ルイ・ヴィトンのデザイナー、ニコラ・ジェスキエールなどLVMHプライズ審査員のリスト=パリ8区のルイ・ヴィトン本店内で2016年3月4日、野村房代撮影

 パリコレのスケジュールは、初日は若手や新進ブランドのショーが中心で、日を追うごとにビッグブランドのショーが増えてきます。プロローグからクライマックス、そしてエピローグへ−−まるで一つの物語のような構成です。

 そんなわけで、3日目ごろからだんだん体力的にしんどくなってきます。見るべきショーが多くなるのに加え、各ブランドがショーの翌日以降に行う展示会にも足を運ぶ必要があるからです。ショーはコレクション全体のコンセプトやデザイナーの世界観を表現するために行われ、細かい部分までは見ることができません。展示会では、生地の材質や色柄といったディテールを実際に手にとって確認し、そこに込められたデザイナーの意図などをうかがい知ることができます。

 3日目は、七つのショーと二つの展示会、そしてある賞の審査会場に行ってきました。ショーと展示会につい…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1362文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです