メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旬!ひと・グループ

FC今治新監督・吉武博文さん /愛媛

FC今治新監督の吉武博文さん。今治市内のシェアハウスに同僚らと住む。好きな映画は「ショーシャンクの空に」

 FC今治が加盟する四国リーグが、来月3日に開幕する。まず目指すのは、アマチュアサッカーの最高峰・日本フットボールリーグ(JFL)への昇格。「11人が12人にも13人にも見える臨機応変のサッカーで、頭一つ抜け出したい」と仕上げを急ぐ。

 大分県出身。サッカーを始めたのは小6のころ。同県立上野丘高時代はインターハイと国体に出場した。大分大卒業後は中学の数学教師となり、大分市立明野中監督時代の1985年には全国中学大会で優勝。教え子には永井秀樹選手(東京ヴェルディ)や三浦淳宏さん(元横浜フリューゲルスなど)らがいる。

 指導者としては異色の経歴を持つ。「海外で生活してみたい」と、3度の選考試験に挑んだ末、92〜95年にチェコ・プラハの日本人学校教師を務めた。帰国後は教育心理学の修士号を取ったり、盲学校教諭免許を取得して6年間、同県の盲学校に勤務した。「たとえ貧しくとも豊かな文化生活を営む海外の市民に心打たれ、盲学校では『見えているからこそ見えていない』自分が分かった。かけがえない経験です」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

  5. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです