メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

「辺野古は生物多様性の宝庫」 ピースデポ・湯浅副代表、埋め立てに反対 熊本 /熊本

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画について考える講演会が5日、熊本市中央区の市青年会館で開かれた。米軍の動向などを調査研究するNPO法人「ピースデポ」(横浜市)の湯浅一郎副代表(66)は「ジュゴンが生きる辺野古の海の埋め立ては、生物多様性の宝庫を捨てることになる」と政府の姿勢を批判した。

 辺野古埋め立てに天草市の土砂を使うことに反対する市民団体「辺野古埋め立て土砂搬出反対県連絡協議会」…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです