メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

公務員と多様な働き方=元総務相・増田寛也

増田寛也元総務相=丸山博撮影

テレワークを進めよう

 文化庁など政府機関の地方移転が検討されている。その背景には、「東京一極集中の是正」がある。わが国では戦後の高度成長期以降、バブル崩壊期を除けば一貫して東京圏への人口流入が続いている。昨年の国勢調査結果をみると39道府県で人口が減る一方、東京圏への集中は加速している。その弊害は多方面に及ぶが、近い将来首都直下地震で国家機能がまひする恐れさえある。

 そこで企業に本社の地方移転を働きかけることとし、その先駆けとして、まず政府機関を地方に移転しようというのだ。検討対象の省庁で移転に前向きな大臣もいるが、概して官僚たちの抵抗が強い。筆者も官僚OBで彼らの意識に多少通じているが、そこでは、今もなお根強い中央至上主義がある。東京で国会対策や各省庁との調整業務を行うことが最も大事だという根強い信仰だ。

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです