メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
私の好きな場所

ゆるい空気に満たされる ビームス社長・設楽洋さんの書斎

1号店の雰囲気に似ているいう地下の書斎には、設楽洋社長の好きなものが集められている=東京都目黒区で、内藤絵美撮影

 「セレクトショップ」の先駆けとして知られる「ビームス」は、40年前の誕生以来、ファッションを通じて海外の生活文化を紹介してきた。社長の設楽洋さん(64)が暮らす東京都内の自宅で、独自の目利きによるコレクションを見せてもらった。

 さまざまなブランドの洋服や雑貨を、独自の選択基準で買い付けて販売するセレクトショップ。「インテリアも同じ。国や時代、ジャンルも異なるものを、自分なりに組み合わせている」と設楽さん。北欧のソファの隣にバリの骨董(こっとう)だんすを置いたり、イタリア家具にアフリカの工芸品を飾ったり。さまざまなテイストが調和し、不思議と落ち着く空間になっている。テーマは「ベランダの向こうから波の音が聞こえるような家」。「めまぐるしく変化するファッション業界で生きているけど、本当はスローな生活が理想。せめて自宅はゆるい空気が流れる場所にしたくて」と笑う。

 世界を回って目利きする仕事柄、自然とコレクションが増えた。椅子には特にこだわりがあり、その数60脚…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1324文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです