特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・本と人

『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』 著者・森健さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
森健さん=栗原俊雄撮影
森健さん=栗原俊雄撮影

 (小学館・1728円)

書かれていない事実求めて 森健(もり・けん)さん

 誰もが知っている人の、誰も知らない話を書く。評伝の醍醐味(だいごみ)を堪能させてくれる。

 「小倉さんについて書かれた本はたくさんあって、当初は本になるという確信はなかったんです」。主人公は官の規制に挑み「宅急便」を創設。物流革命を遂げた名経営者として知られている。関連書は確かに多い。晩年、障害者福祉にばく大な私財を投じたことも、一部で知られてはいる。「でも、その理由についてハッキリ書かれたものがなかった」。さらに最晩年の行動も謎だ。80歳の高齢に加え病気を抱えてなおアメリカに渡り、そこで永眠した。「なぜそこまでして渡米したのか」という疑問が残った。また小倉をよく知る人たちに取材すると「(それまで小倉を書いた本は)ちょっと違うんだよね」と…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文898文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集