メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『商都大阪をつくった男 五代友厚』=宮本又郎・著

 (NHK出版・1404円)

「五代さま」は総理大臣より偉い!?

 五代友厚(ともあつ)が注目をあつめている。NHKの朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、ハンサムな俳優が五代を好演。ドラマの中で五代が死ぬと、「もう五代さまが見られなくなる」と涙する女性もいて、「五代さまロス」という言葉まで生まれた。

 歴史家としては嬉(うれ)しいような狐につままれたような妙な気分である。五代は掛け値なしでほんとうに偉い男である。総理大臣なんぞには、ほど遠い男であったが、そこいらの総理大臣よりも、ずっと立派な仕事を、この国に遺(のこ)した。歴史家がそれをきちんと評価して世に知らしめなければならなかったのだが、それができないうちに、イケメン俳優が演じて、五代を一挙に有名にする事態がおきた。

 なぜ五代は偉いのか。明治日本にとって、なすべきことを真っ先に指摘。出世欲で、官界にしがみつくことなく、それを自分で実践してみせたからである。今日、大久保利通の評価は高いが、薩摩藩士のなかで、大久保・西郷よりもずっと先に西洋文明にふれ、日本近代化の方法を真っ先に知っていたのは、五代であった。五代は少年時代、島津斉彬(なりあきら)の期待を一身にうけて世界地図の筆写を献じ、長崎海軍伝習所に入れられ、つ…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです