メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリコレ便り

(5)ショー会場について

 パリコレ4日目は、ショー会場について紹介します。

 この日最初に行われたロエベのショーの会場は国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部。2014年に新進気鋭のジョナサン・アンダーソンがデザイナーに就任して以来、いつも会場に使われています。

 アメリカ人とイタリア人、フランス人の建築家3人が共同設計したモダンな建物で、安藤忠雄さんによる「瞑想(めいそう)の空間」、イサム・ノグチが手がけた日本庭園もあります。館内には多数の現代美術作品が飾られており、洋服にアートの要素を多く取り入れているデザイナーらしい選択です。

 ブランド担当者によると、今回は「アパルトマンでくつろぎながら見てもらうイメージ」で会場構成が考えられたとのこと。床にはカーペットが敷かれ、盆栽も持ち込まれました。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです