メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

徳島市長選 立候補予定者、公開討論会 徳島市の未来は /徳島

公開討論会で意見を述べた(左から)小松格氏、遠藤彰良氏、原秀樹氏、立石量彦氏=徳島市徳島町城内のとくぎんトモニプラザで、立野将弘撮影

 任期満了に伴う徳島市長選(20日告示、27日投開票)の立候補予定者による公開討論会が6日、徳島市内であった。4選を目指す現職の原秀樹氏(60)、新人で元四国放送アナウンサーの遠藤彰良氏(60)、新人でNPO法人理事長の小松格氏(69)、新人で弁護士の立石量彦氏(40)が、約350人の聴衆を前に市政の課題や自身の政策を語った。【立野将弘】

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1130文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  5. クックパッドニュース 「秋の味覚」をぎゅっと詰め込んだ旬食材たっぷりのお弁当!

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです