メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是好日

「哲学カフェ」人気 他人との対等な対話、仙台から広まる

哲学カフェでは、出された意見を壁にまとめながら、進行役のしばたはるさん(右端)が新たな意見を引き出していく

 全く知らない人と対等に対話できる場、「哲学カフェ」が人気だ。2011年の東日本大震災後、仙台市を中心として広がる。東京都内で開かれた哲学カフェを訪ねた。

 取材したのは千代田区のギャラリーで開かれた「てつがくカフェ@せんだい×とうきょう」。震災後に学識経験者らが主催して仙台市で始めたもので、14年から並行して都内でも行われている。

 フランスで1990年ごろに広がった哲学カフェは、00年ごろに日本でも知られるようになった。最近のブームの背景について、仙台市のカフェから運営に携わる福井大の西村高宏准教授(臨床哲学)は「思想書で答えが出ないことを自分たちの言葉で考えたい、という『渇き』があると思う」と分析する。

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです