3・11

NYで追悼集会 被災者初参加、支援に感謝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮城県石巻市の雄勝小の児童らが制作した木版画「希望の船」が展示された壇上で、被災地支援を呼びかけるジョイス・グロスバードさん=米ニューヨークの教会で2016年3月6日、草野和彦撮影
宮城県石巻市の雄勝小の児童らが制作した木版画「希望の船」が展示された壇上で、被災地支援を呼びかけるジョイス・グロスバードさん=米ニューヨークの教会で2016年3月6日、草野和彦撮影

 【ニューヨーク草野和彦】発生から5年を迎える東日本大震災の犠牲者を追悼し、被災地を支援する式典「TOGETHER FOR 3・11」が6日、米ニューヨークの教会で催された。在留邦人などを中心とする支援組織が毎年開いており、約430人の市民らが参加した。

 今年は初めて日本から被災者が招待され、岩手県陸前高田市の「酔仙酒造」の金野連(つらね)社長(55)が出席した。同社の社屋は津波で壊滅し、従業員7人が死亡。だが震災翌年の2012年8月には同県…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

あわせて読みたい

注目の特集