薬害エイズ

被害者支援へ「手帳」発行 公的サービス周知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が作製した「血友病薬害被害者手帳」=古関俊樹撮影
厚生労働省が作製した「血友病薬害被害者手帳」=古関俊樹撮影

 1980〜90年代に社会問題化した「薬害エイズ」の被害者を支援するため、厚生労働省は「血友病薬害被害者手帳」を作った。薬害エイズ訴訟の和解から今月で20年。医療に加えて福祉や介護など公的サービスも必要になっており、被害者が適切にサービスを受けられるよう手帳を発行した。

 薬害エイズ被害者は、国のHIV(エイズウイルス)感染者についての調査研究に協力すれば健康管理費用が支払われたり、生活に支障があれば障害年金を受給できたりといった公的サービスを受けられる。

 しかし、被害発生から時間が経過し、制度をよく知らない自治体や医療機関の職員が増加し、サービスを利用する際に被害者が制度について窓口で説明しなければならないケースも増えていた。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1082文字)

あわせて読みたい

ニュース特集