メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イカナゴ漁

解禁 お待ちかねピッチピチ 兵庫・明石

水揚げされたイカナゴのシンコ=兵庫県明石市で2016年3月7日午前9時39分、三浦博之撮影

 瀬戸内の春の風物詩、イカナゴのシンコ(稚魚)漁が7日、播磨灘と大阪湾で解禁された。冬場の海水温が高く産卵が遅れたため、昨年より10日、過去10年間では最も遅い解禁となった。

 兵庫県明石市林3の林崎漁協では11隻が出漁。淡路島の西側の海域で、午前7時から網を入れて体長3〜4センチのシンコを水揚げした…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです