メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

キリスト教2派が和解へ

イラスト・藤井龍二

 キリスト教のうち、カトリックとロシア正教会の対話が始まりました。キリスト教にはいくつものグループがあります。このうちカトリックとロシア正教会のそれぞれトップが会談。和解に向けて対話を始めることになりました。

 ◆教徒の迫害を受けてカトリックとロシア正教会が対話を開始

 世界に21億人以上いるキリスト教徒は、いくつものグループに分かれています。カトリックやプロテスタントという名前を聞いたことがあると思います。考えの違いから分かれてきたのですが、このうちの二つのグループが「対立をやめて仲良くしよう」と話し合いを始めたのです。

 いまから2020年ほど前に中東のパレスチナ地方で生まれたとされるイエスはユダヤ教徒でした。ユダヤ教の改革運動をしたことが恨みを買い、十字架にかけられて殺されました。イエスの死後、イエスこそ救世主(キリスト)ではないかと考えた人たちが、キリスト教徒と呼ばれるようになります。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです