メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば セス・フリードさん

米国の作家、セス・フリードさん=東京都新宿区で2016年3月2日、鶴谷真撮影

 ■大いなる不満(新潮社・1944円)

人間の生の奇怪さ

 「つらい体験や心配なニュースは多い。でも、小説の力で乗り越えられると思う」。33歳の米国の新鋭作家はニコニコ。不気味かつグロテスクな奇想が詰まった11本から成るデビュー短編集だ。訳は藤井光さん。3月上旬開催の「東京国際文芸フェスティバル」に参加のため、初めて来日した。

 「フロスト・マウンテン・ピクニックの虐殺」を書き始めたのは2006年。「当時、米国が世界で戦争を仕…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです