メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば セス・フリードさん

米国の作家、セス・フリードさん=東京都新宿区で2016年3月2日、鶴谷真撮影

 ■大いなる不満(新潮社・1944円)

人間の生の奇怪さ

 「つらい体験や心配なニュースは多い。でも、小説の力で乗り越えられると思う」。33歳の米国の新鋭作家はニコニコ。不気味かつグロテスクな奇想が詰まった11本から成るデビュー短編集だ。訳は藤井光さん。3月上旬開催の「東京国際文芸フェスティバル」に参加のため、初めて来日した。

 「フロスト・マウンテン・ピクニックの虐殺」を書き始めたのは2006年。「当時、米国が世界で戦争を仕…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです