メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR四国

「四国まんなか千年ものがたり」 観光列車第2弾名称決定 「日本のたたずまい」イメージ /四国

四国まんなか千年ものがたりの車内イメージ図=JR四国提供

 JR四国は先月、好評の伊予灘ものがたりに次ぐ第2弾として、来年4月から多度津・琴平(香川県)−大歩危(徳島県)間を運行する土讃線の観光列車について、「四国まんなか千年ものがたり」と名付け、車両デザインを発表した。車内コンセプトは、古民家をイメージした「日本のたたずまい」という。

 四国まんなか千年ものがたりは、四国中央部を走り、沿線に金刀比羅宮(香川県琴平町)や平家落人伝説が残る祖谷地域(徳島…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  5. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです