メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR四国

「四国まんなか千年ものがたり」 観光列車第2弾名称決定 「日本のたたずまい」イメージ /四国

四国まんなか千年ものがたりの車内イメージ図=JR四国提供

 JR四国は先月、好評の伊予灘ものがたりに次ぐ第2弾として、来年4月から多度津・琴平(香川県)−大歩危(徳島県)間を運行する土讃線の観光列車について、「四国まんなか千年ものがたり」と名付け、車両デザインを発表した。車内コンセプトは、古民家をイメージした「日本のたたずまい」という。

 四国まんなか千年ものがたりは、四国中央部を走り、沿線に金刀比羅宮(香川県琴平町)や平家落人伝説が残る祖谷地域(徳島…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  5. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです