メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興の途上

東日本大震災5年 第3部 福島の明日/2 原発賠償期限18年3月 一律設定に戸惑い

避難解除の楢葉町「満額回答」

 東京電力福島第1原発事故で国が定めた従来の賠償基準では、避難指示区域の住民への賠償期間は「指示解除後1年間まで」とされ、解除が遅いほど賠償が続く仕組みとなった。政府内や地元の一部には「賠償金が住民の帰還や自立を妨げている」との声もあり、政府は2015年6月、避難指示を17年3月までとしたうえで、賠償期間を解除時期にかかわらず18年3月までとする目標期限を示した。だが、一律の設定には「個々の地域事情をくんでいない」と疑問の声もある。

この記事は有料記事です。

残り1927文字(全文2159文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです