民法規定

国連委は撤廃促す…別姓認めず「夫の姓を強制」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ローマ支局】国連の女性差別撤廃委員会が7日公表した対日審査会合に関する「最終見解」は、夫婦別姓や再婚禁止期間などの民法規定について、日本政府に速やかな改正を勧告した。

 委員会は、昨年12月に最高裁が夫婦別姓を認めない民法の規定を「合憲」と判断したことについて「実際には夫の姓を使うよう強制している…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

あわせて読みたい

注目の特集