メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP法案

政府、閣議決定…今国会承認目指す

石原伸晃TPP担当相=藤井太郎撮影

 政府は8日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案と、著作権の保護期間の延長や農業の国内対策などを盛り込んだ関連法案を閣議決定した。衆参両院に特別委員会を設置して4月にも審議入りする見通しで、今国会での協定の承認と関連法案の成立を目指す。【横山三加子】

 TPPによって必要となる11の関連法改正を一括した法案を国会に提出する。農業関連では、関税の引き下げに伴う輸入拡大で国産品の価格下落が予想される牛・豚肉の畜産農家の赤字を補填(ほてん)する対策を法制化する。また、農産品などの地域ブランドを保護する地理的表示(GI)を参加国間で相互に認証するための法改正などに取り組み、農産品の輸出を後押しする。

 このほか、TPP参加12カ国で統一するルールに対応するための法改正も盛り込んだ。著作権法の改正で、…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文840文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです